image

プランイメージ

PLAN


建築条件付宅地分譲 好評販売中

EQUIPMENT 注目!高い基本性能&仕様設備

木造住宅用 制震システム
TRCダンパーの特徴

1「繰り返しの地震」に強い、高い制震効果

実大実験でTRCダンパーの制震効果を実証
  • TRCダンパーを設置した場合としなかった場合で、どれだけ建物変形に違いが出るのか、実物大の住宅を用いて実験を行いました。
  • 実験概要
    実験体 10坪2階建て
    等級 耐震等級3相当
    試験場所 京都大学防災研究所
    入力地震波 極大地震想定:JMA神戸NS波 1回入力(震度6強)
    繰り返し地震想定:BCJ-L2波 3回入力(震度6強)

繰り返しの地震では「3回目」の結果に大差が現れる!

極大地震 ・ 繰り返し地震双方で、水平変位を約50%程度低減。また、繰り返しの地震では、3回目での釘抜け本数が酎震住宅の「わずか10%程度」という結果に。
TRCダンパーを設匿した制震住宅が耐震住宅と比べて、「繰り返しの地震」に強いことを実証しました。

2 低コストで高い性能を発揮

1棟あたりTRCダンパーを4本設置すると、最大50%地震の揺れを低減する事が出来ます。
施工箇所が少ない分、費用を抑えることができ、また、耐力壁工事と共に施工が可能なため、リフォーム時にも低コストで導入が可能です。

※延床面積40坪2階建て、軽い屋根の場合。

3 新築・リフォーム向けに、認定・評価を取得

4 短時間で施工が可能

TRCダンパーは、筋交いと同様の方法で施工することができます。そのため大工さんに余計な負担をかけません。
特別な工具も必要もなく、大工さん一人で施工が可能なため、TRCダンパーの設置に要する時間は、1箇所あたりわずか30分程度です。

5 シミュレーションで設置効果を提案

工務店様に対しては、建築設計において最も精度の高い、「時刻歴応答解析」を実施。設置効果・設置本数・設置場所のご提案をいたします。

※[時刻歴応答解析]
高層ビルにも使用される実際の地震を想定した詳細の解析方法

地震エネルギーを吸収する「制震」で、地震を“制”する

住宅の地震対策には、主に「耐震」と「制震」がありますが、「耐震」だけでは繰り返しの地震が発生した際、 強度が落ちてしまうことがあります。揺れ自体を軽減させる「制震」を加えることで、建物の損傷を抑えることが可能になり、同時に、家具の転倒や飛散による被害の軽減も期待できます。

耐震

  • 耐震住宅
  • 壁を増やしたり固くしたりして、地震の揺れに耐える
  • 繰り返しの地震がある度に建物にダメージが蓄積し、強度が落ちる

制震TRCダンパー

  • 制震住宅
  • 地震エネルギーを吸収して建物の揺れを低減
  • 繰り返しの地震に対しても有効
  • 筋交いなど構造部材の損傷低減
  • 免震と比べて低コスト

TRCダンパー紹介動画

TRCダンパー実大実験動画

美しさと耐久性を兼ね備える外壁

統一感のある美しい街並みに力を入れるグレースコートでは、共通の外壁材を採用。ベースとなる「イフーカ プレミアム(ニチハ)」は厚さ21mm、最大柄エンボス9mmの深堀デザインが生み出す濃い陰影が存在感と高級感を演出。表情豊かな外観を創り出します。

雨が降るたびキレイになる「マイクロガード」

主成分であるシリカ粒子が空気中の水分子を取り込み、外壁方面に薄い水分子膜を形成。汚れの元となる物質を水分子膜に吸着します。その汚れは雨とともに洗い流されるため、外壁はキレイな状態を保つことができます。

美しさが持続する高耐候塗料「プラチナコート30」

「プラチナコート30」は、厳しい基準を設定した独自の促進耐候性試験により耐候性の高さを実証し、長期間にわたって美しい外観を維持します。

室内環境を快適に保つ高性能ハイブリッド窓「サーモスL(LIXIL)」

「サーモスL」は、アルミの良さと樹脂の良さを融合した「ハイブリッド窓」。高機能な複層ガラスを標準採用し、家計にも地球にもやさしく、省エネ効果を実現します。

楽々快適、ハイグレードな「設備仕様」

設備仕様にもこだわりがいっぱい。キッチンは人造大理石のシンクに食器洗浄乾燥機を搭載。浴室にはお湯が冷めにくいサーモバスを採用し、快適な暮らしを実現します。

INFORMATION

<建築条件付宅地分譲>先着順申込受付中!

NEWS

2021.10.22
NEW特設サイトを公開いたしました。